給湯器の交換をしたいのであれば

給湯器が壊れているのであれば、早急に交換をしたほうがよいです。最近ではそこまで高額な物ではなくなっていますから、それは安心してよいです。さすがに業務用などは高いこともありますから、それは覚悟しておくべきではありますが、それでも昔よりは遥かに安くなっているのは間違いないです。ちなみにガス給湯器の場合は自分で取り付けることはお勧め出来ないです。基本としてはプロに任せたほうが良いです。そのほうが安心して使うことができます。別に極端に工賃が高いわけではないのでそれも心配することはないです。馴染みのガス屋がいるのであれば、そこに依頼することです。或いは家電量販店でも売っていますし、取り付け、交換に関する手配もしてくれます。丸投げすることも一つの選択ではあります。何よりも自分でやるよりは遥かによいことです。

給湯器を交換して省エネをする

給湯器は年数を重ねるごとに消耗していきます。もちろん、修理などをして使い続けることもできますが、ある程度古くなったものに関しては交換が必要になります。そのため、どの程度の費用が必要になるのかを事前に見積りをする必要があります。まずは、今まで使っていたいタイプがガスなのか灯油なのかや電気式なのかを確認します。そして、床暖房などにも使うのであれば使用量に応じて大きさを選ぶ必要があります。シャワーなどだけならばそんなに必要ありませんが、床暖房になるとある程度大きなタイプでないと補えなくなります。そして、給湯器をつけている場所によっては新たに工事が必要な場合があります。基本的には現在ついているタイプからの交換になりますが、メーカーによって大きさが違うのでそのあたりの配管加工が必要になります。金額としては、工事費が三万円から五万円ほどになることもあります。

給湯器の交換で気にする点

給湯器には、種類がありお風呂など家じゅうの温水として使う場合と、家事だけで使う瞬間湯沸かし器があります。その中でガス式が多いです。瞬間的にお湯を沸かすことができて、機器も比較的安価で交換ができます。まずは、瞬間湯沸かし器の場合では今ついているものからそのまま帰ることができます。加工費というのもあまりかかりません。しかし、家じゅうを賄えるようなタイプであれば、その設置場所によって選ぶ必要があります。壁掛け型と据置型があり、その中でも屋内型や屋外型があります。そして、新しいタイプにすることで省エネにもつながります。しかも、多くのタイプがリモコン付きになっているのでタイマーをセットしたり、温度も自由にセットできます。工事は最短一日で終わりますが、加工が必要な場合にはそれ以上必要になります。そして、工事費込みで安いタイプだと10万円程でできることもあります。まずは、見積もりをする必要があります。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑